ネイルお役立ち情報

スカルプチュアとジェルネイルの良い点・悪い点


ネイルアートを始めるとき、さまざまな素材がありどれが良いのか悩んでしまう人もいると思います。そんなネイルをするときに使われるのがスカルプチュアとジェルネイルです。


スカルプチュアとは、付け爪の一種でアクリルという素材で付け爪を行ないます。自爪の上にアクリルパウダーとアクリルリキッドという液体を化学反応させて固めた物で、アクリル樹脂を直接乗せることができるため自分に合った付け爪を直接爪の上で作ることができます。


メリットとしては、ジェルネイルに比べて強度があり、思う通りの長さや形にできる、ジェルネイルでは難しいシャープな形を作ることができていたり、自爪に直接乗せることができることで密着性にすぐれ、アート材料を埋め込むことができるなどネイルアートを楽しみたい人やサンプル、ショーなどに向いています。


デメリットもあり、爪につけるときに自爪を削ったり、接着を良くするための酸性の液を塗る必要があるため自爪が薄くなったり、弱くなったりする可能性があります。
対してジェルネイルは、合成樹脂を主成分としたジェルで自爪に塗ってUVライトまたはLEDライトによって固めることのできるものです。


ジェルネイルのメリットとしては、強度があり艶が出る、マニキュアとは異なり色が剥げない、装着管が軽く、自爪を伸ばすことができ、自然な仕上がりで、マニキュアよりも長持ちするということがあげられ、スカルプチュアとは違って工程が少ないため施術が短時間で終わらせることができます。


デメリットとしては、爪を正面から見たときに見えるカーブがくっきり見えないことと、ジェルを落とすときにはジェルリームバーなどで落としていく必要があります。


どちらも間違った方法で剥がそうとすると爪にダメージを受けてしまい、トラブルの原因になってしまう可能性が考えられます。どちらも正しい方法で落とすことが大切です。自分に合った方法を選ぶことも重要なこととなります。


FX相場