ネイルお役立ち情報

ネイルチップを上手に装着するために


ネイルチップを上手に装着する為には予め爪を短くしておくと良いでしょう。長さのある状態で付けてしまうと装着感が良くなく、簡単に取れてしまう原因にもなります。長さとしては大体先端の白い部分が1mm位になる程度が良いです。


ルーススキンを取り除いておくことも心掛けた方が良いと言えます。この作業は必須という訳ではありませんが、ルーススキンがない方がよりネイルチップを綺麗に装着することができるようになります。


続いてネイルチップを自分の爪に合うようにヤスリで削って調整しましょう。調整作業は仕上がりを良くする為にも重要です。削る時には少し削ったら爪に当てて確認をし、また少し削ったら再度爪に当てて確認するという具合に作業をすると削り過ぎてしまうこともなくなります。


なお削る際には根本部分や横幅を調整しますが、爪にピッタリのサイズに削ることで、いかにも付けている感じの仕上がりではなく自爪のようなナチュラルな仕上がりにすることができるはずです。


貼り付ける準備をしたら今度は爪の表面を消毒しておきます。油分や汚れが付着している状態ですと接着が悪くなってしまいます。


装着の仕方には方法がありますがよく利用されているのが両面テープです。そして両面テープを使用する場合はテープ部分にはなるべく触れないように注意します。接着力がなくなってしまいますので気を付けましょう。


後は爪に貼り付けるだけですが、その際には根本部分から合わせていくと失敗し難くなるはずです。場所をしっかりと合わせたら貼り付け、後は軽く圧力を掛けて完了です。


ネイルチップの付け方には他にもワンタッチタイプやネイルグルーを使用する方法がありますが、基本的にはやり方は一緒です。ただし、ネイルグルーの場合はすぐに接着しますので特に注意しながら装着した方が良いと言えます。


また爪以外の部分にグルーが付着してしまう恐れもありますので、あまり量を出し過ぎたりしないように気を付けた方が良いでしょう。


FX相場